2014年5月14日

古書買取をしてもらうなら


古書というものを買取ってもらいたいという場合、大きくわけますと、二通りの方法が考えられます。まず一つ目としては、自分で古本を古本屋さんに持参しまして、そこで査定をしてもらったうえで、買い取ってもらうという方法になります。これが一般的であると言えます。そして、もう一つの方法としては、これはお店によって異なってくるわけですが、自分が持っている古本をダンボール等に詰め込みまして、お店に送って査定をしてもらうというものになります。この場合ですと、送料はかかってくるのですが、わざわざお店に重い荷物を持っていく必要がなくなりますので、そういった意味ではおすすめです。基本的にはこのような形で買取ってもらうことになるわけですが、さらに上を行くサービスをしてくれる古本屋さんも実在しております。それはどのような方法かと言いますと、出張で自宅等に来てくれるというものです。ですから、自分で売ろうと思っている古書を自宅に用意さえしておけばよいのです。これであれば、自分がお店に行く必要もありませんし、わざわざ本を送る手間や送料も必要なくなるのです。ですから、これが一番自分にとりましては、魅力的なサービスになると言えます。こうした形で出張できてくれる場合、条件というものもありますので、まずはお店に確認をしておくのが良いです。また、どのケースでも言えるのですが、査定をしてもらうにあたっては本をきれいにしておくことは鉄則です。