古書の買取りは専門書店で


今では結構古本の買い取り書店が増えましたが、基本的に漫画や小説の買い取りが主な書店です。古くて価値の有りそうな古書を買取りしてくれる書店は、都会では多少残っていますが田舎では普通の本屋でさえ減少がちで、古くて価値のある本を鑑定してくれる方もほとんどいません。しかし折角の価値のある本を無駄に眠らせるのはもったいない事です。どうしても取っておこうと思っている本は残しておけばいいのですが、そこまで思い入れのない本で有れば売ってお金にしても良いのではないですか。一冊で高価な本はそんなにお持ちではないでしょうが、査定してもらえばそこそこの値段がつく本も有る可能性も有ります。最近では古書店の中には、店舗に本を持ちこまなくても査定してもらう事も出来ます。査定や買い取りをしてもらいたい本を宅配便等で送ると、査定をしてくれる本屋も存在します。自分ではそんなに値がつかないと思っている本でも、本の数が揃えばそれなりの値段がつきますし、それに本も無駄になりません。本はどうしても場所をとりますので、読まない又は興味のない本は捨ててしまいがちですが、中古の本ではなく古書のレベルまでいくような本の場合は、思いもよらない値段がつく場合が有ります。売る方としてはお金を手に入れる事が出来ますし、その本を欲しい方にとってはまさにお宝といえます。人にとっては不必要なものでも、ある人にとってはお宝の場合も有りますので、本の買取りを上手く利用することをお勧めします。